スタッフよりちょっとお知らせ

2010.03.16 Tuesday

0
    「みんなのウホホイ」特設ページvol.1〜vol.5+あとがき
    只今Official Web Siteにて絶賛公開中!!

    けんじろのBlog連動ウホホイと共にご覧頂くと楽しさ2倍(!?)です。

    連動ウホホイ

    2010.03.15 Monday

    0

      ◆多摩川河川敷◆

      この日も雲ひとつない快晴。
      写真を見ると晴れやかな空が広がっている。
      が、日陰に入ると超絶に寒かった。
      そんな中で歌ったのが

      「人生行路」
      作詞・作曲  前川 陽祐

      この曲は大学時代の友達が作った曲だ。
      ともに大学の寮で4年間暮らした、
      ほとんど毎日一緒におったな〜。
      俺が歌い始めたばかりの頃を知る
      貴重な友人のひとりで、
      しょっちゅう二人で歌っていた。
      いわば戦友みたいな関係だ。

      彼は高校の頃から曲作りをしていて
      今でも部屋にこもって作曲活動をしている。
      曲作りに関しては大先輩である。
      ほとんどが迷曲やけど(笑)
      そんあ中で、近年まれにみる名曲が
      この「人生行路」である。

      初めて聴いたときは正直ビビッた。
      「めちゃくちゃエエやんけー!」
      っときたもんだ。
      この曲には大事な気持ちが詰まっている。
      歌うたびに、
      無垢だった自分が甦る。
      初期衝動って奴を
      肌で感じられる曲だ。

      「俺が歌ったほうが絶対いい!
      だから歌わわせろ!!」
      と言ってみたら
      「ええよ」
      とアッサリ許可をくれたので
      今回のアルバム
      「みんなのウホホイ」
      に収録しました。

      最初は海で歌おうかとも思ったけど
      海は怖いから川にしました。
      何で怖いのかって?
      だって海にはサメがおるけんね(笑)
      初めは小さな川から船出して
      流れ流れて河を超え
      やがて大きな大きな海に出る。
      そんなイメージでこの場所を選んだ。

      風が強くて苦戦したけど
      城戸けんじろの新たなる一歩が刻まれた1曲です。

      「人生行路」
      船出の空には風が吹くんだぜ☆
      新生活を迎える人の支えになれたら嬉しいです。

      連動ウホホイ

      2010.03.06 Saturday

      0

        ◆新宿西口大ガード◆
        まさかこんなにウルセーところで
        歌うことになるとは思わんかったわい。
        写真だと人も車も少なく見えるけど
        実際は人ゴミでごった返しとった。
        そんな中で道端に座り込んで歌った。
        いや〜皆さん変な眼でジロジロ見てくる見てくる。
        そりゃ怪しいわなー。
        しかも電車が通ったら何にも聞こえん。
        こりゃCDでも歌なんか聞こえんやろー
        と、たかをくくって録ってみた。
        ところがどっこい聴いてビックリ玉手箱!!
        意外にもギターも歌もいい感じに聴こえる。
        「おぉ!こりゃいけるぜ!!」
        とスタッフと一緒に鼻息を荒くして
        遮二無二(しゃにむに)歌った。
        しかも「カナシバリ」は
        新宿大ガードをイメージして作った。
        今回の作品「みんなのウホホイ」の中で
        一番シチュエーションとマッチしているはずだ。
        道ゆく人に好奇の眼差しを浴びせられながら
        「こなくそ!」と怒りをぶつけた。

        俺は今まで軟らかいイメージの曲が多かったが
        「カナシバリ」は珍しく怒れる曲に仕上がった。

        すでにライヴでは何回か歌ったけど
        CDで聴くと、また違った印象を
        感じてもらえそうな気がして、
        発売が楽しみで待ちきれない。
        ちなみに俺の親父さんは
        この「カナシバリ」がお気に入りのようです。

        まだ東京に行ったことが無い人にも
        大都会の喧騒を味わってもらえると思いますぜ。
        ストレスをた〜くさん溜め込んで聴いてみてくれい(笑)

        怒れる新曲「カナシバリ」
        乞うご期待☆

        連動ウホホイ

        2010.02.20 Saturday

        0

          ◆山◆
          この日も天候に恵まれて晴れ。
          しかも満月で血が燃えたぎる。
          気温6℃の山奥の中で
          レコーディングした。

          「茜さす時」 

          作詞・作曲 藤松敬祐

          この曲は友達が作ってくれた。
          こーゆー事をずっとやりたかった。
          藤松氏(以下藤くん)は俺が松山に住んでいた頃の
          最後に出来た友達だ。
          藤くんはハードなサウンドを武器に
          地元松山でブイブイ言わしたバンド
          「カンボジア」のギターヴォーカルである。
          ブイブイとか言ったら
          『恥ずかしいけんヤめてやー』
          と怒られそうやけど(笑)
          彼の作った「茜さす時」は名曲です。
          俺が作った色んな曲たちは迷曲です。笑

          自分やメンバー以外の人が作った曲を
          レコーディングしたのは今回が初めてだ。
          自分にないものを持っている人の曲を歌う事で
          改めて自分の長所と短所を見つめる事が出来た。
          実はそこが今回の挑戦のイチバンの狙いでした。
          単純に曲数が足りなかった
          なんて噂も流れとるけどね(笑)
          今までギタリストが作った曲は
          ほとんど歌った事がなかったので
          歌うのがめちゃくちゃ楽しみやった。
          ボーカリストが作る曲と
          ギタリストが作る曲は発想が違う。
          ぬおー!ここでこう来ますか!?
          みたいな発見があったりする。

          本番に強いようで弱い
          ようで本番に強い俺は
          山の中で震えていた。
          寒さと緊張感に包まれた山中には
          なんとも神秘的なオーラがあった。
          最初は遠慮ぎみにギターを弾いて
          鳥が逃げない様にひそひそ歌って。
          そんな腰抜け満開の俺は
          『小さい事はきにせずドーンといこう』
          とスタッフ喝を入れられて目覚めた。
          歌っている最中に、どこからともなく
          鳥のサエズリが聞こえてくる。
          幻想的でロマンチックな
          シチュエーションの中で歌った。

          そんな山の中でしか味わえない
          独特の空気や臨場感を
          CDに収める事が出来て
          すごく満足している。

          俺の周りにはスゲー奴がいっぱいおる。
          ひた向きに自分を信じて生きとる。
          しんどい時にはいつも
          「俺の周りの奴らはこんなにカッコイイ
           だから俺も腐らずに頑張ってやる」
          そう自分に言い聞かせている。
          その気持ちを常に思い出せるように
          友達が作ってくれた曲を収録しました。
          言うたらトモダチ自慢です(笑)


          「茜さす時」
          出来たらヘッドホンで
          聴いて欲しい1曲です♪

          スタッフよりお知らせ

          2010.02.19 Friday

          0
            『みんなのウホホイ』レコーディングレポートの
            特設ページが出来ましたので ぜひぜひ、アクセスしてみて下さい。
            レコーディング中のけんじろの様子が写真で見られますよ〜!!
            (閲覧はPCのみの対応です)

            レポート1

            レポート2

            連動ウホホイ

            2010.02.15 Monday

            0

              さぁ始まりましたぜ!?
              城戸けんじろの最新作
              "みんなのウホホイ"
              完成記念スペシャル企画!?

              その名も『連動ウホホイ!!』

              え?何のこっちゃ?
              って思っちゃう感じですよね?

              説明しよう!!
              この企画は今回のミニアルバム
              "みんなのウホホイ"で
              実際にレコーディングをした
              「ロケーション」にスポットを当て
              アルバムをより身近に感じてもらいたい。
              そんな想いから立ち上がった企画です。

              まぁ要するに、
              外でのレコーディングは
              かなりおもしろかった!
                  &
              意外と大変な作業でしたよ!
              ってのをアピールしたいわけです(笑)
              それじゃ早速いってみよ☆



              ◆羽田空港滑走路の近くの公園◆
              この日は天候に恵まれて
              気分も爽快すこぶる絶好調。
              (パソコンから写真を見てみてね)
              スコーン広がる晴天の空の下
              迫り来るジャンボジェットに
              正面から真っ向勝負を挑んだ。

              それが『スターフライヤー』という曲だ。

              ん?
              『スターフライヤー?』
              何か聞いた事あるぞ?
              と気づいた人もあるかもしれない。
              そう、先日のNHKで特集された飛行機の名前だ。
              実は先月(1月)の曲作り合宿の時に
              スターフライヤーの最終便に乗って
              実家に帰ったのだ。
              その機内から見えた夜の東京。
              その景色を目にした瞬間、
              何とも言えない衝動に駆られて
              夢中でペンをノートに走らせた。
              目に飛び込んできた景色を
              なるべくそのままの姿で
              感じたままに書きなぐった。
              でもメロディを付けるつもりはなくて
              ただ何か、日記を付けるような気分で書いた。

              そしたらNHKに取材された。
              しかも取材のおっちゃんに
              「歌ってみてください」
              なんて無茶ブリを喰らって
              『はぅ?えぇぇぇぇぇぇぇぇ!?これを!?』
              なんてうろたえてみたけど
              「そこを何とか!」
              と、吉幾三さん並にグイグイ押しに押されて
              ついに根負けした城戸氏は、歌った。
              NHKのカメラの前で、歌った。
              やけくそみたいに即興で歌った。
              天下のNHKでヘタうったら
              俺の音楽人生が終わっちまいますよ?
              なんて考えるのも面倒くさくなって
              『もう知るか!どうにでもなれやっ!!』
              と歌った。
              そしたらなんか、おっちゃん
              気に入ってくれたみたいで(笑)
              「音楽の事はよくわからんが、
              あの情景を歌に出来るなんてスゴイ!!」
              と鼻息を荒くして喜んでくれた。
              『だって見たままを歌っただけやもん』
              とはさすがに言えなかったが(笑)
              おっちゃんの無茶ブリのお陰で
              想い出に残る1曲が完成した。



              なのに放送されなかったのはどして?
              大笑



              まぁおっちゃん喜んでくれたし、
              何よりも見た景色をリアルタイムで
              曲に出来たのが初めての感じやったので、
              なるべく即興で歌ったままの状態を
              崩さない様に壊さない様に
              ちょっと神経を使って仕上げました。

              まぁ〜実を言うと…
              もっといい曲にしたいと思って
              あれやこれやと試してみたけど
              何度やっても
              何をやっても
              即興で歌ったあの感じを
              超える事が出来んやった。
              スッピンで送り出すのは
              ちょっと抵抗があったけど、
              マユ毛だけはキレイに描いて
              レコード店に、お嫁に行きました(笑)

              録音するまでは
              『これで完成でいいんかな?』
              と心配になったけど、
              シンプルでわかりやすいし
              NHKのおっちゃんも喜んでくれたし
              まいっか!
              みたいな(笑)


              でもこれ不思議なもんで
              作曲に時間をかければ良いってもんじゃないし
              色々と手を加えれば良いってもんでもない。
              これはモノ作りの難しい所でもあり
              モノ作りの醍醐味でもあるんでしょうね。
              その事に改めて教えてくれた1曲です。
              『スターフライヤー』
              お楽しみに〜♪

              1